「あおいの桑茶」購入ページはこちら!

桑の葉茶の味はまずい?【長年飲み続けている筆者が解説】

桑の葉茶の味はまずい?

んーまずいっ!もう一杯っ!

昔、テレビの宣伝でよく聞きましたよね。苦くて飲みずらい青汁や桑の葉茶。私は、健康のために昔から飲んでいますが、昔の桑の葉茶は、本当に青臭くて苦くまずかったです。

「良薬は口に苦し」と言うことわざがありますが、お薬のように苦いほうが如何にも体に効きそうで、健康のために我慢して飲む方が多かったと思います。

でも、今は違います。昔のイメージで我慢して飲まなくとも、今は美味しい桑の葉茶があります。

結論:桑の葉茶は飲みやすい

桑の葉茶に対して、「まずい」「苦い」というイメージを持たれている方は多いと思いますが、今はそんなことはありません。

イメージとしては、抹茶に近いと思います。

最近の桑の葉茶は、日本茶の製造方法を取り入れて、丁寧に手もみを繰り返して蒸し上げ、香りや色合いを重視して作るところが増えてきました。

今では、昔の青臭くて苦い桑の葉茶はあまり見かけなくなり、風味も良くクセが無い物がほとんどです。

「あおいの桑茶」を一度お試しください

あおいの桑茶

弊社では、「あおいの桑茶」という飲みやすさにこだわった桑の葉茶を販売しております。生産者と協力しながら、本当に飲みやすく、健康志向の方にピッタリの桑の葉茶が出来上がりました。

ぜひ、一度ご賞味ください。

桑の葉茶をおいしく飲む方法3選

まず、基本的なことですが、桑の葉茶は粉末タイプがほとんどです。そのため、水で薄めて飲むのが基本になります。

お水は水道水でも大丈夫です。こだわる方はミネラルウォーターの軟水がおすすめです。ここでは、桑の葉茶をおいしく飲む方法を3つご紹介します。

①ホット桑の葉茶

80℃のお湯で作った桑の葉茶が、一番香りが豊かに感じられて美味しく飲めます。

温かい桑の葉茶を飲むなら食前15分前が効果的です。桑の葉茶には食後の血糖値を抑制する効果があります。

②アイス桑の葉茶

冷たい桑の葉茶は「ゴクッゴクッ」と美味しく飲めますので、お散歩や運動をした時の水分補給におすすめ。

食物繊維やポリフェノールが多く含まれているので、ダイエット中の方にも安心してお飲みいただけます。

③ミルク桑の葉茶

桑の葉茶を牛乳で作れば、よりマイルドになり、栄養価も高まります。桑の葉茶や牛乳が苦手な方には、意外と飲みやすいかもしれません。

お好みで蜂蜜やガムシロップを入れると更に美味しく飲めますよ!

桑の葉茶の選び方

桑の葉茶と言っても、いろいろな種類がありますよね。

桑の葉茶は大きく分けて2種類あります。

  1. 葉っぱタイプ
  2. 粉末タイプ

①葉っぱタイプ

こちらは、煎じた茶葉を急須に入れてお湯を注いで作る煮出しタイプです。ティーパックを湯飲みなどに直接入れてお湯を注いで作る物もあります。

メリット

  • 香りが豊か

デメリット

  • 栄養価が十分に摂取できない
  • 急須を使い、出がらし茶葉の処分や洗い物が「面倒」

注意点

メーカーによっては桑の葉をただ乾燥させただけの商品もあります。その場合、香りもなく青臭さが残っている物もありますのでご注意ください。

②粉末タイプ

桑の葉茶の栄養価が丸ごと摂れる「粉末タイプ」がおすすめ

茶葉を丸々粉末にして抹茶のようなパウダー状に仕上げたタイプ。お湯や水に溶けやすいです。茶葉の栄養価も余すことなく全て取れます。

また顆粒タイプもあります。

メリット

  • すぐ飲めて洗い物などが無い
  • 栄養価が余すことなく取れる
  • どこでも簡単に作れるなど

デメリット

  • 特になし

注意

桑の葉茶粉末タイプは各メーカーによって違いがあります。水に溶けやすく鮮やかなグリーン色の物をオススメします!